ハゲ対策にイチオシ!育毛成分の特徴は?

発毛剤には多様な成分が配合されていて有効性もそれぞれ違いますが、活用する時は違いをよく認識しておくことが肝心です。

特にミノキシジルは発毛に有効性が見られ、毛髪の成長に影響する細胞(毛母細胞)に直に働いて活性化を促進します。
ミノキシジルは継続して使うことで効果がアップしますが、いかにしてその成分をより活発化させることが重要となります。効果的にするためにはライフスタイルを改善することが大切で、食事や睡眠の質を高めることが秘訣となります。



育毛促進剤に配合されている成分って何?

発毛剤と一口に言っても配合されている成分は様々で、血液の循環を良くしたり、毛母細胞の活性化、炎症の抑制や殺菌など、その効力は幅広くあります。

髪の発育には養分が欠かせず、血流に乗って栄養が運ばれることで毛乳頭にも届くのです。そのためには血管をしなやかにして血流の改良を図ることが大切で、ミノキシジルやセンブリエキス、塩化カルプロニウムやセファランチンなどの成分は、非常に向いていると言われています。
また、塩酸ピリドキシンやオトギリソウエキスなどは毛母細胞の増殖・分裂を活発化させ、グリチルリチン酸ジカリウムはかゆみやアレルギー、炎症を抑止する効果があります。
また、ヒノキチオールは殺菌や消毒の効果があり、ターンオーバーの平常化を促すことも期待されます。

このように発毛剤には様々な成分が配合されており、それぞれが数種類の効き目をも同時に持ち合わせているケースもあります。

さらには、うるおい効果や栄養分補給の作用があるものも存在し、お互いに影響し合いながら発毛を促進するのです。このような発毛成分について良く知っておくと、発毛剤・育毛剤を選ぶときの目安となり、各々に合った製品を見つけやすくなるのです。



ミノキシジルが育毛に効く理由

ミノキシジルは元々、高血圧や動脈硬化を発症している人のために作られた薬でした。高血圧の患者に利用したところ、副作用として髪が伸びるという直接の作用が見つかり、育毛の分野での研究が進歩したのです。

ミノキシジルは血管を拡張し、髪の成長に必要な栄養素を届ける役目を果たして、休止期にある髪をよみがえらせる働きをします。その結果、アデノシンという物質が分泌され、毛髪を生みだす毛乳頭から血管内皮増殖因子や角化細胞増殖因子というタンパク質が分泌されます。
これを成長因子と呼び、肌の新陳代謝を高めたり、毛母細胞を増やしたりする作用があるのです。髪の発達をつかさどる毛包にダイレクトに行き届いて、大きく発達させることで、毛球を太くさせます。

一般に毛髪は、成長しては抜け、そして生え替わるといった過程を繰り返していくものであり、成長期において正常に発達できなければ抜けてしまいます。それに対してミノキシジルの作用は有用で、ディープグロース効果と呼んでいます。



ミノキシジルは継続して利用すると効果を発揮!

ミノキシジルは有効性が感じられるまで、3ヶ月~6ヶ月程度の期間が必要になります。しかし塗布した箇所にダイレクトに作用するため、有効性が現れやすいのが特徴です。

髪の少ない部位に塗布した場合、有効性が現れるのが鈍く感じても、途中で活用するのを止めずに、続けて利用することが望まれます。

薄毛の理由には男性ホルモンの分泌も関わってきますので、使用を放棄すると、ケアをスタートする前に戻ってしまう可能性があるのです。活性化された毛母細胞の元気を失わせないためにも続行する必要があり、継続することが有用であると言えるのです。

ミノキシジルを活用することによって、抜けてしまう恐れのあった毛髪も抜けることなく留めておける可能性があり、軽度のハゲであれば、活力を取り戻して正常化するケースもあります。ミノキシジルの濃度を段々薄めていって、最終的には薄毛が治るといったこともありうるのです。

ハゲの解決は早ければ早いほど効力が上がる傾向にあり、ミノキシジルを使い続けることによって健康な髪を保つことは不可能ではありません。



発毛成分の働きを活発化させるコツ

健康な髪を保持するためには、毛母細胞の活性化に必要な栄養素をしっかりと送り届けることが大切ですが、そのためには栄養のある食事を摂ることと、血流アップの改善を行うことが推奨されます。
タンパク質や亜鉛、ビタミン類などが毛髪に良いとされ、これらを取り入れた栄養バランスの良い食事をすることが大切なのです。

また、22時~26時のあいだに眠りを取っておくことで、副交感神経が元気になって成長ホルモンが分泌され、髪の発育を助けてくれるのです。

このように、日常のライフスタイルを調整することで、発毛成分の効果をより強めることが実現できます。
既に薄毛になってしまった場合は、抜け毛を少なくすることが最優先となりますが、育毛剤によって進行を止めることが期待されます。休止期の毛穴から髪が生えてくれば毛髪のボリュームが増加し、見た目を良くすることができます。

薄毛はストレスが原因で発生することもあるため、見た目が変化することで自分に自信を持って、ストレスの軽減にもつながるのです。
そして、頭皮の汚れやフケも抜け毛の元凶となることがあるので、清潔さを保つ必要があります。育毛剤を使う時は、育毛成分の作用をよく理解すると同時に、ライフスタイルの改善を行うことが活性化を早める秘訣となるのです。



日本で唯一認められた発毛成分、ミノキシジル5%配合の薬用発毛剤のおススメは・・・
アンファー「スカルプD メディアカル ミノキ5」